第3回「ジェンダーもやもや女子会」を開催しました!

今回は、急遽、山梨から「地方女子プロジェクト」

@chihoujoshi さんにも参加いただけて、そして、ジェンダーギャップを解消するために活動するサークルの学生さんも加わり、6名での賑やかな会となりました。

私の思いつきで「やってしまった」【焼き芋の食べくらべ】も好評で、

紅あずま/シルクスイート/かん太、の3種類を(無言で)食べ尽くしました!

やっぱりそれぞれ違って面白かったー

そして美味しかったー!!

一切れずつなのに、お腹いっぱいになりました。

今回のテーマは

@chihoujoshi さんのプロジェクトに合わせ、

「地方で生きる女性の生きづらさ」について。

どうして今、 #山形 という土地に住んでいるのか。

山形は好き?それはどうして?という質問から、スタート。

それぞれの「山形」に対する想いを聞けて面白かったです。

意外と、みなさん「山形」好きなんですね❤️

でも、じゃあどうして若い女性が山形から流出してしまうのか。

進学、就職のタイミングでの選択肢、

「イエ」に縛られる息苦しさ。

そこのところを行政は全く理解していないから、トンチンカンな政策しか出てこないのでは?

そんな意見が飛び交いました。

山形だけでなく、地方はどこもそうなのか?

3世代同居率の高さは、「#女性の生きづらさ 」に直結するのか否か。

その辺の解析も含めて

@chihoujoshi さんのプロジェクトを応援、期待していきたいと思っています。

まだまだインタビューを募集要項されているので、「私も話したい!」という地方出身/地方在住の方、ぜひSNSにてDMを送ってみてくださいね

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次